ブログ

St. Luke’s International Hospital

聖ルカ礼拝堂(聖公会)ゴシック様式

日野原重明先生が「チャペルは本院のハートである」と言われていたチャペル

ドイツ製のパイプオルガンはストップ数(音色の数)30、パイプ数2077本

(ちなみにサビエル記念聖堂のパイプオルガンのストップ数は29、パイプ数1933本)

時々、無料コンサートも開催されてるようなので、荘厳な音色をいつか聴いてみたいなと思ったりしました

コンサート案内

IMG_4640_2

“St. Luke’s International Hospital” の続きを読む

休日に思うこと

5X3A5132

実は年末に帰宅した夫から体調が悪そうだと酷く心配され病院に行ったのかと指摘され、そこで初めて自分が体調を崩しているらしいことに気が付きましたが、そうなったいきさつや体調を崩しているらしい理由がいまいち自分でも順を追って理解ができなかった為(体調を崩しているという意識自体も無かった)、何となく体調が悪いような気がする…で終わりましたm(__)m

年末はとかく倒れこむように過ごしており、家事も全てを夫に任せていました。年を越してから2日、3日頃には着付けや近い関係者さまからのお気遣い等もあり良くなってきたと感じていましたが、人から言われるまで自分の体調不良に気がつけない…とは   嘘のような本当の話で、今考えると年末の仕事納めまで動いていたことが不思議なくらいです^^; (年末は忙しかったので、下手に気がついたりしなくて良かった)

きっと言葉に出さずとも、周りの色々な方がご心配くださっていたのだろうなとは思いますが、それもその時には、気が付けなかったのだと思います。申し訳ありませんでした。

年末に家族と話しましたが、そろそろ写真展に向けても準備していこうと思っています。色々協力をしてくれると言ってくれて、嬉しくて有難かった。。楽しみにしています。展示を都内にしたのは家族や近い友人に見てほしかった為もありました。。

並行してお手伝いさせていただいている山口の街並みを着物で歩こう会の活動も、上手に調整しつつ今年も自分の持つもので、お手伝いさせていただけたら良いなと思っています。

(すみません、色々な事柄を全体で見ることが難しく、部分的にしか見えてこない為(説明し難いですが…)このあたりのことを、昨年からもしかしたら   自分の感じているものと、関係者の方が感じているものが違い、誤解をされているのではないかと実はとても不安です… m(__)m が、私の事をよく理解してくださっていて有難いと感じています。今年も昨年に引き続き、変わらない気持ちでお手伝いさせていただきたいと思っています)

大好きな写真や着物に関わらせていただいて嬉しいです。

ようやくすこし落ち着いてきたかなと感じています。とにかく体調管理には気をつけようと思います。

暖かくなってまた花が咲き出す季節が楽しみです。

また綺麗な景色を見たいですね