オリーブのリース

オリーブの剪定枝をたくさんいただいたので、リースと小さいスワッグをつくってみました。

olive branch spring swag&wreath

wp-1488948766621.jpeg

家にもありますが、鉢植えの幼木なのでリースに使うほど枝をとれません。

 


Flower language「peace」「wisdom」
オリーブの花言葉は「平和」と「知恵」で、旧約聖書 創世記でノアが放った鳩がオリーブの枝を加えて戻ってきたことに由来する花言葉だそうです。
枝はよくしなるので、リースにするのも割と簡単です。
ワイヤーでアバウトにくくっただけの素人仕事ですが、形になってくれました。


先月のミモザアカシアもリースにしてみましたが、明るくて良い感じです♪
ドライになるのが早いので、生の状態でリースにしないと部屋がミモザ粉だらけに・・。

wp-1488511038159.jpeg

 

オリーブのリース” への4件のフィードバック

    1. こんばんは。ありがとうございます。
      はい 直径20センチほどですが鮮やかな色味が家の中を暖かくしてくれるようです。
      体感温度が少し上がったような…(^-^*)

      いいね: 1人

  1. ミモザのリース、とても明るくていい感じに出来てますね。確か、ミモザはギリシャ神話で少女の化身とか言う話を聞いたことが…なるほど、少女に似合いそうだ。
    オリーブのリース(首飾り)はポールモーリアの音楽が流れて来そう🎵チャラララララ~…

    いいね: 1人

    1. こんばんは。ありがとうございます。
      私もほんのつい最近まで(20年数年前)は少女でした(。-∀-)
      こんな花冠があったらかわいいですね~。
      オリーブの枝はまだたくさんあるので何に使おうかなぁなんて考えてます。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中