徳地和紙 (Tokudi Washi paper )

徳地和紙すき工房 「結の香」山口市徳地伊賀地

TokudiWashi paper-making Kobo   “Yuinoka”
washi kobo is located in Tokudi Ikaji, Yamaguchi City, Yamaguchi Prefecture.

Japanese traditional handmade paper called “Washi”.

 


 

簀桁(すけた)

簀桁で繊維をすくい上げ、何度も前後に揺すります。
scooping up the fibres with a special sieve-like tool and moving them back and forth repeatedly.

漉かせていただきましたが、なかなか重量もあり難しかったです。
下に入れた原料と水をこれで漉くようですが、ここに辿りつくまでに13工程もあるのだとか。

12

kozo 100%
楮100%

3

 

“Mitshumata” materials for washi.
三椏

4

“kozo” materials for washi.

5

 

Make yarn using washi paper.

糸紡ぎ車で和紙を紙糸に。
右手で糸車をまわし左手でよっていくそうですが、コツがいるようで、二歩進んで一歩さがるような作業だと言われていました。

 

It is a obi made of  Japanese paper.
和紙糸で織られた帯です。

経糸がコットン、緯糸を和紙で織ってあるそうです。

 



 

徳地和紙 (Tokudi Washi paper )” への6件のフィードバック

  1. 今日は。素敵な写真ですね🎵徳地に住んでいます。工房よりももっと山の中に住んでいます。自宅の屋根裏に「テン」が住み着いています。

    いいね: 1人

    1. 木村和枝さん

      こんばんは。ありがとうございます(^-^ )
      賑やかな?屋根裏のお客様でしょうか。
      フェレットを飼っていたことはありますが、野生のテンは見たことが無いです。徳地も森林散策とか自然豊かなイメージ… 昔、大原湖へキャンプに行きました。

      いいね

      1. お返事を有り難うございました。「テン」はすばしこくて中々写真に撮ることが難しくてあっという間に隠れてしまいます、いつかは、撮ろうと思っていますが、いつになるかは解りません。
        素敵な写真を撮っていらっしゃいますね🎵

        いいね: 1人

      2. 木村和枝さん

        野生動物で尚且つ警戒心の強いコだったら写真におさめるのは少し大変かもしれませんね。でも屋根裏の住人 見てみたい気がします(^m^)

        ありがとうございます。十数年前にはじめた写真がすっかり欠かせないライフワークになりました。
        言葉にならないけれど 感動したもの、美しいものを一枚の形にしていけたら良いなぁと思います。

        いいね

  2. 一昨日の夜から、雪が降って昨日はノーマルタイヤの私は何処にも出かけられない状態でした。屋根裏のテンも寒くて凍えた事でしょう。昨日、今日と雪の朝をフェイスブックにアップしました。自宅から見える景色を折に触れて載せています。お時間がありまさしたら、見てくださいね🎵

    いいね: 1人

    1. 先日 雪が降った日は本当に寒かったです。仕事から帰宅後は家でコタツムリ&ホットココアをすすっていました。
      積雪はこちらはそうでもなかったですが、阿東・徳地の山間部あたりはけっこう積もったりするのでしょうね。

      お知らせありがとうございます。FB 登録していないのです…すみません(¯−¯٥

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中